ロータリー子どもの家の活動

ロータリー子どもの家は阪神大震災の後、全世界のロータリアンからの義捐金をもとに実施された活動です。
現在は、地域のボランティアの人と共に、震災のアフターケアに留まらず、青空色彩楽園、歌の会、
ストーリーテーリング、木工教室、そして各種の野外プログラムを行ない、広く子どもたちや子育て中の
母親たちのための活動を展開しています。

すこやかプログラム

野外活動 キャンプや川遊び、スキーなど自然の中で、季節を肌で感じながら
体験の幅をひろげる活動を行っていきます。
お話し会 月1回 楽しいお話や紙芝居があります。幼児から小学校一年生が対象です。
木工教室 月1回 素材は木を中心に楽しいおもちゃや季節を感じるものをしています。
青空色彩楽園
(大倉山)
月1回 青空の下で思いっきり絵を描いたり工作をしたりします。0歳から100歳
までのアートヒーリングスペースです。
歌っ子クラブ 月2回 歌を大きな声で歌っています。歌を通してボランティア活動も行っています。
小学生から高校生までが対象です。
中高生のアトリエ 月2回 勉強に疲れたときや、困ったことがある時、描きたいものを思い切り描くことで
元気をとりもどしていきます。

心とからだのケアプログラム

ことばとコミュニケションの
プログラム
吃音があったり、発音が不明瞭であったり、ことばやコミュニケションの個性や
悩みを、専門家が相談を受け訓練等を行っています。
カウンセリング 不安や悩みをひとりでかかえこまないよう、心の専門家と一緒に解決していき
ます。
プレイセラピー 主に幼児、児童を対象に、プレイ(遊び)の技法を通して、その子なりの個性や
主体性を活かしながらよりよい成長を支援します。


問い合わせ先
神戸市中央区中山手通り7丁目25-38
ロータリー子どもの家
電話-078-341-6492

 

戻る